[2013年4月改組]
2013年4月をもって新たな組織に発展し、研究を展開しています。 > 環境資源科学研究センター
ニュース

ニュース

2008年

メタボローム基盤研究グループの論文がFAST BREAKING PAPER-2008に選ばれました

メタボローム基盤研究グループの平井優美チームリーダー、斉藤和季グループディレクターらが2007年に米国科学アカデミー紀要に出版したオミックス解析に基づくグルコシノレート生合成転写因子に関する論文が、トムソン・ロイター社のScienceWatch, FAST BREAKING PAPER-2008に選ばれました。
これは、各分野ごとに被引用数が上位1%に入る論文をWeb of Scienceより抽出し、前の2ヶ月と比較して最近2ヶ月で被引用数の伸び率の一番高い論文を、Fast Breaking Papersとして選出したもので、最近注目され始めた科学的成果を代表しています。

インタビュー記事

日本の研究者による注目論文&インタビュー

当該論文

当該論文のプレスリリース