[2013年4月改組]
2013年4月をもって新たな組織に発展し、研究を展開しています。 > 環境資源科学研究センター
about us

基本方針

植物のゲノム機能解析の成果を作物や樹木の生産性向上に役立てます。そして、人々の豊かな生活や健康の向上に貢献します。

植物科学研究の重要性とセンターの基本方針

 植物は太陽光のエネルギーを用いて、光合成により様々な有機化合物を作り出します。人を含む動物は植物を食料にして生存しています。また、植物は地球上の環境を保全する役割も果たしています。さらに、植物を原料として生活に必要なものが作られています。このように植物は人の生活にとってなくてはならないものです。
  20世紀末に、農業や産業の発達に伴い、世界人口の急激に増加しました。その人口を支えるための食料は緑の革命により穀物の大幅な増産によって支えられました。またそのエネルギーは石油や石炭、さらに電力により支えられています。石油の消費量の増加は地球温暖化をもたらしました。21世紀に入り食料や石油の生産は限界に近く、食糧危機や環境破壊の深刻化が懸念されています。
  植物科学は植物の独自な生理機能、例えば光合成や生長、環境適応、多様な代謝機能などを解明して、それらの制御のメカニズムを明らかにします。植物の機能を理解し、その生産力を向上させることにより、食料、エネルギーや環境などの地球規模での諸問題を解決することが期待されています。植物科学研究センターでは植物の生産力の向上に関わる生理機能を明らかにして、光合成機能、生長制御、物質生産機能に関わる基盤的な研究を推進します。さらに、植物の環境耐性、感染抵抗性の向上により、新規物質の探索や生産による人の健康向上や食糧問題、環境問題の解決に貢献することを目標としています。
  植物科学研究センターでは、最先端ゲノム科学研究分野の研究技術を駆使して、植物の潜在機能とその制御機構を遺伝子、生体分子の面から解明し、植物の量的なあるいは質的な生産性向上に関わる生理機能の探索と遺伝子の機能解明を進めます。この成果を社会に還元するための産業連携や国際貢献により、植物生命科学研究の国際的な拠点となることを目指しています。